Enough is a feast

日記、雑記、時々写真のみのきまぐれブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-31 [ Fri ]
大晦日です。

この前の日曜日に大掃除を終えて、今日はまったりです。
大晦日は必ず自宅で家族と過ごすのが昔からの習慣です!
別に決められたルールではないけれど、必然的にね。

昨年のような激動と言える一年ではなかったけれど
比較的穏やかに過ごせたのかなと思います。
いろいろと考える余裕、自分に充てる時間、友や仲間や家族との時間…
振り返ると有意義だったのかもしれません。


無事に健康で居れること
これまでの付き合いを大事にし続けること
資格をバッチリゲットすること
本を読む機会をもっと増やすこと
ギターの感覚を戻すこと


まぁ、and more的なものも幾つかありますが
少しずつ、自分のペースで達成して行こうと思います。

来年も宜しくです。
スポンサーサイト
2010-12-30 [ Thu ]
今日は仕事納めの日でした。

昨年に比べれば耐え忍ぶことに慣れてしまった感じです。
ま、来年はどうなるのか?は僕もわかりません。


先日のM-1グランプリの話題を少し。

10回目にしてファイナルという今回でした
何気に第一回から全て見ている気がします。

毎回思うのが
よく決勝にあがれたなこのコンビ…
的なのが必ずいます。今回も然りです。

でも、今回はそれの数が多かったかなって思う。
僕が笑えたのは、順位で行けば銀シャリまでで
それ以下のは全く笑えなかったです。

決勝は笑い飯とスリムクラブとパンクブーブー。

パンクブーブー
なんか、残念でしたね。
ネタのパターンを最初のと同一にしたのが敗因!
ってのは誰が見ても明らかですね…


スリムクラブ
んー、インパクト、新鮮味がモノを言ったかな。
南海キャンディーズが出た時の印象と重ねました。


笑い飯
個人的には2003年の奈良県立歴史博物館ネタが好きで
それ以後、毎回あたり外れの極端さはあるけれど
独自のスタイルを貫き磨いてて、毎回期待していました。
パターンが読めても笑いはしっかりとるってのは力のある証拠。
なので、今回の優勝は歓迎ですね。


それにしても
来年の暮れにはこの番組がないのは、心なしか寂しいですね。
2010-12-27 [ Mon ]
2010年イロイロなことがありましたね。
そんな僕の2010年出来事ベスト3!

-時事編-

1位
総じて、『外交問題』ですね。
米軍基地移転、尖閣問題、北方領土問題、北朝鮮…
外交下手でもあるし、日本人同士なら通じる価値観も
文化価値観の異なる諸外国相手の外交では通じないと思うんだ。
誠意を見せればとか、話合えば解りあえるとか…
それを貫こうとしているから、相手に足元を見られているのであって
凄く難しい面ではあると思うけれど
これは現政権も前政権も、後手後手の対応をしては傷口を広げて
こちらに不利な要素を増やしているという感じに思えた。
来年は再び政権交代も避けられないと思っています。
最優先とすべき問題だとおもっています。


2位
『大相撲野球賭博問題』
これに限らず、以前に起きた暴行事件、大麻事件など
相撲界の品位が問われた事件が続いています。
賭博問題が大きく取り上げられたけれど
協会のお偉いさんの態度とか、こういう人間が上ではダメだという
そんな現実をもっと取り上げて欲しいものである。
ちなみに、この問題で解雇になった親方と大関は
協会の理事選挙で貴乃花を支持したそうで
保守派の理事が毛嫌いする彼を支持したこと。解雇の遠因はそこにもあると見る意見も多いです。
僕も、相撲好きの父親もそう感じているこの頃です。
本当にそれならば、今後も協会は変わらんよと思う。


3位
『小惑星探査機はやぶさ帰還』
とりわけ天文学に興味があるわけではないけれど
この件については、無事に微粒子を採取して帰還という目的を達成できよかった。
やはり技術の進歩とか、たくさんの新発見ってのは日本が先を行って欲しいからです。
正直、はやぶさの名前なんて頭の片隅にもなかったです。
発射したのもかなり前の2003年…記憶もあやふやです。

また、金星探査機のあかつきが金星の軌道に入れずに次の機会を伺うことになった
これは残念であるが、天文学も歴史同様にいわゆるロマンが溢れているのだなと感じました。


-スポーツ編-

1位
やっぱ、『FIFAワールドカップ南アフリカ大会』です。
大会前の岡田監督叩きを結果で黙らせたなと、そして掌返しの露骨さ。
僕も岡田監督はダメだと思っていました。
いや、もう一度やれといったら結果を出せるか微妙だと思っている。
本大会で採用したシステムがハマったという僕の考えではあるが
人権掌握という点では、やっぱり長けていたのかな?と思ったりもする。
僕は既にザッケローニへはそこそこ期待を抱かせてもらっています。
アジア杯、コパアメリカとビッグイベントが続くので、ぜひとも結果を残して欲しい。
W杯で結果を出したのはインパクト特大ですが
コンスタントに結果を出してなんぼだと思っています。


2位
『夏の甲子園の仙台育英学園』
こんだけ地元チームに感動を覚えた大会は久しぶりでした。
89年、94年、97年、07年と個人的に好きなチームではあるけれど
いずれの年も、大越、金村&昆、志田&新沼&生出、由規&橋本とか選手中でも突出したのが居たのがあるけれど
今年のチームは本当にチームという括りでいけばベストなチームだと感じています。
初戦も二戦目も本当にチームプレーの勝利だったし
三戦目も敗れたけれど、初戦、二戦目で不調でリリーフに回った木村投手の好投に泣けた。

木村&貴規両選手はプロへ
田中投手は青学大へ(確実に四年後のドラフト目玉候補だな)
井上主将ら4人は東北学院大へ…

彼らの動向、活躍には注目していきます。


3位
『関口選手の日本代表召集』
ベガルタ仙台の生え抜き選手、関口馴充選手がザッケローニ監督により日本代表へ召集。
アルゼンチン戦でのデビューを飾りまして、嬉しい思いに浸りました。
かつては、山下や小村とチームからの選出はあったけれど、生え抜きでのフル代表は初!
コパアメリカにも出てもらって、南米の強豪相手に持ち味を見たいものである。


-バカニュース-

1位
市川海老蔵
人間国宝だかなんだか知らないけれど
結婚式を大々的にTV中継したかと思えば、暴行事件でイメージダウン。
あまりTVで取り上げても時間勿体無いと思うよ。


2位
菅内閣(民主党も)
責任逃れ、揚げ足取り、おバカ発言…
仮免許どころか、運転する適性なしです。


3位
オリコン
嵐とAKBでシングルCD売り上げ上位10を占めたそうです。
嵐は違うでしょうが、AKBの商法がいろいろ議論を読んでいるようです。
握手券付きとか、同じ曲なのにいろんなバージョンのCDを出すとか…
どうなんでしょうか?ま、それでも買うファンがいるからいいんでしょうな。

ちなみに
AKBに1人だけタイプの人がいますが、それ以外は全く名前を知らない僕。
いよいよオッサン化してきたぜ(^^;


さて、2011年はどんなニュースがあるんでしょうかね?
時事編に猛暑を入れたかったけれど
猛暑のお陰で来春の花粉の飛散量が半端ナイとか…
想像するとゾッとするので、書きませんでした。


オマケ
冬の夜長にこの動画。笑えます。
って、プロレス知っている人しか笑えないかな?



くりぃむしちゅ~の有田が、長州力や高田延彦のマネをして唄う『ぞうさん』です。
これで笑ってよいお年を!

といいたいですが、もう少しだけ続きます。

では!
2010-12-21 [ Tue ]
2010年もあと10日ばかりとなりました。

毎度思うけれど、過ぎるのが早いのだなぁ…

僕自身30歳という節目を迎えたこの1年を振り返りたいと思います。
私生活、趣味、仕事…


私生活
んー、あまりおおっぴらにはブログ上ではしたくないです。

我が家も平穏無事という感じですし、特に語ることはないので
交友関係の方を…

学生時代の友人や恩師と会う機会が結構あったことが大きいかな!
三十路を迎えるにあたってのひとつの目的を達成。
今後も変わらぬ付き合いをという思いを強くした日々でした。

仕事関係では、会社の付き合いの幅を自ら狭めた感があります。
逆に、仕事面で支援してくれる各社の人たちとの付き合いが増えたかな。
同じ目的に向かえる仲間こそ必要です。同じ看板の下にぶらさがるだけでは仲間ではないなと。
ヘタに親しくすると、あとあと苦労する…

また、個別の付き合いであった友人らを野球チームという輪にできたこと
それに、僕を熱い輪に加えてもらえたこと、この二つは大きな出来事でしょう。

もちろん、従来の付き合いも変わらぬです!
心残りは、T-YAMA会のみんなで集まれなかったことです。
来年は、また何かのおりに集まりたいです。


趣味
運動、音楽、学問かな。

特に英語に関しては、小学校英語指導員資格取得目前でございます。
来年の春にはゲットですね!
なので、来年はTOEICの方にシフトして、指導員の資格に恥じないようなスコアを得たいです。

で、ボランティアでいいので、教壇に立ってみたい
というのが来年の目標ですね!

運動関係は、身体にムリのないよう
これまで通りに楽しくと思える僕がいます。


仕事
我が部署の地位が低く、まぁ他部署の多くの方にはむかっ腹を立てる日々です。

そんな中でも自分を磨ける部分は磨き、いつでも動けるように力を蓄えるというスタンスです。
愛社精神ナシ、でも技術屋としてのポリシーはある。
ってなわけで、来年も今年と変わらぬ感じでしょう。


ということで来年も宜しくです。

でも、今年のブログはもうちょっとだけ続くのじゃ。
2010-12-19 [ Sun ]
金曜の帰りに喫茶店で勉強をしていたのですが
隣に座ってた大学生くらいの兄ちゃんが

『水嶋ヒロの本、あれを俳優が書いたのかと思う程いいよ』

と絶賛していましたが、レビューとか見ると酷評だらけですね。
ま、読もうとは思いません…

今日は久々に何もない休日でございました。
とにかく眠いので寝まくりましたが、まだ眠いです。

プールにでも行こうと思いましたが
この眠さでは…とにかく眠い眠い。

ここんとこずっと週2ペースで飲んだり
その他の用事があったりなんだりで、知らぬ間にフジカル面での疲れも来てたか。
でも、本当にその瞬間・瞬間は気分いいんだよ。

昼間にのど自慢の特集を見ていました。
基本的に目立つのが苦手なのですが、一度は出てみたいなと思う。
歌は別に得意じゃないけれど。



ここまで開き直れる度胸があればw
2010-12-17 [ Fri ]
平日のお昼は基本ローテーションで行く店を決めています。
一人の時、食事した後は、必ず喫茶店で過ごします。

今日は週イチで行くラーメン店(いつか写真付きで紹介したい)へ
ここ最近は、店員さんと親しくなり、よくサービスしてもらうようになった。
毎日はムリだが、コンスタントに足を運び続けると、常連さんにはサービス
そんなお店は好きである。

また、毎日通う喫茶店…
特に理由はないが、開放的で割りと静かな雰囲気が好きである。
会社の人とも会う機会も殆どない(けど、最近たまに会うなぁ…)。
ここでも顔を覚えられているようで、注文する前にモノを出してくる。

こんなことされたらヨソへはいけないではないか(笑)
2010-12-16 [ Thu ]
京都サンガを戦力外になった元日本代表の柳沢敦選手
なんか、ベガルタ仙台さんへの入団が濃厚だそうです。

日韓W杯までは割りとよい印象でしたが(ロシア戦のポストとか個人的に最高だと思う)
世間一般と同様、ドイツW杯近辺でのヘタレっぷりがあって印象はいまいち。

でも、入団してくれれば応援はしたいですね。
直樹、永井、平瀬とベテランが軒並み抜けた仙台には必要かなと思います。
なにより、Jリーグ通算100ゴールを誇る実績、元日本代表の肩書、海外経験…
点取り屋としての資質には疑問符もあるけれど、歓迎したいですね!

梁選手からのホットラインで結構得点も期待できたり…ナントナクね。

正式発表はまだかな?!
それよりも、赤嶺選手完全移籍(orレンタル延長)と関口選手残留の報を聞きたい!
2010-12-15 [ Wed ]
おでんが食べたくなるような寒い日でした。

そういえば、大学時代のコンビニのバイト
夜勤だったのですが、よくハイキになる汁がしみこみすぎたおでんをコッソリ食ってた。
あと、汁が旨くて、味見と称してはよく飲んでた。

週末、久しぶりにおでんでも買って
当時の思い出に浸ろうとするか…

あと、中華まんも同じですな。
2010-12-14 [ Tue ]
タイトルからお分かりのとおり、プロレスネタです。

新日本プロレスでは毎年1月4日は東京ドーム大会を行っています。
この日に定着したのは、僕の記憶だと藤波辰爾対長州力のダブルタイトル戦からだったと思う。
家で生放送を観てた(餅に飽きて焼肉をつついてた記憶が鮮明である)。

ここ数年のプロレスの低迷で、近年の大会の印象はほぼ皆無。
武藤敬司と蝶野正洋がタッグを組んで、小島聡と天山広吉と戦った試合とか辛うじて印象があるけれど…

やっぱり小学生の頃~大学生の頃まで、よく見てたころの大会でよかったもの
そんなものを挙げたいと思います。ベスト3でどうぞ


では、第3位…

2001年
前年に新日本プロレス対全日本プロレスの頂上対決で川田利明に敗れた佐々木健介がベルト返上
それに伴うトーナメント戦が中心でした。結果は健介が川田にリベンジを果たしベルト奪取。
その他にも、壮絶喧嘩マッチと言われた、長州力対橋本真也(藤波が試合を止めた)。
武藤敬司&大谷晋二郎のタッグチーム始動の試合!この試合の入場シーンは秀逸です。
この年を境にプロレスへの興味が下がり始めたと思います。


ついで、第2位…

1999年
小川直也が橋本真也をルール無視の暴走でボコボコにしたり
大仁田厚が新日本プロレス初参戦で佐々木健介と戦った試合です(大仁田が火炎攻撃で反則負け)。
外様に印象を奪われた感じはあるけれど、メインの武藤敬司対スコットノートンで面子を保った。
ここがプロレス凋落のターニングポイントとなった大会だと思う。


そして1位…

1993年
長州力対天龍源一郎の新日本プロレス対WAR団体対抗頂上決戦が話題を呼んだ大会です。
また、ビデオテープが擦り切れるほど観た、蝶野正洋対グレートムタのダブルタイトル戦など
本当に、ドームだから、ドームならではのビッグカードや華やかさがあった。


90年新日本(主に)好き世代のランキングでした。

そして、今日のニュースの記事に出てた来年のドームの対戦カードですが
近年思うけれど、今年もドームでやる試合かな?という感じがします。
三銃士や四天王(超世代軍)世代に比べると圧倒的な小物感を感じざるを得ない。
もっと小さなキャパシティなら観てみたいなと思うけれど、ドームではなぁ。
2010-12-13 [ Mon ]
外付けHDDかな。1TでRAID1(ミラーリング)。

PCも欲しいんだけど、まだ現役でいけそうなんで(5年経ったけど)…

サンタクロース殿、お願いします♪
2010-12-12 [ Sun ]
土曜
英語のレッスンのち、鍋パーティー終電帰宅…

日曜
早朝出勤、地元駅から職場へ一度戻る、午後はフットサル…

と、充実の週末でございました。

んだもんで、週明けの低空飛行状態はさらに酷くなります。
楽しい時間のあと、凄く沈んじゃいます。
2010-12-10 [ Fri ]
今オフの楽天イーグルスさんは、話題独占という感じである。


ブラウン前監督解任

星野新監督就任
田淵コーチら就任

ドラフト会議も成功の部類

藤井選手阪神へ移籍

岩村選手入団

松井選手入団

岩隈選手メジャー挑戦断念

田中選手来季年俸は二億円

そして

渡辺直人選手の金銭トレードでの横浜移籍…

一番の衝撃は今回のこの件ですね。

横浜は石川がショートのポジションを不動にしている感じだし
楽天もドラフトで阿部選手獲得したし、内村選手もいるとはいえ
やっぱり遊撃手のレギュラーであろう松井のバックアップとしては
やっぱり直人なんだよな…

朝井とか、渡邉恒が移籍後に活躍しているのにあやかって
横浜で頑張って欲しいものです…
2010-12-08 [ Wed ]
週明けは蛻のからでございました。
週末が充実すればするほど、週明けがツラい…
そして、今日から徐々にエンジンがかかり出した感じです!

さて、表題
追いかけ続けることも決して悪くはないと思ったわけです。
もう一度、それだけを考えていこうと思います。

2010年はもうすぐ終わりますが
2011年、早々に動きだすつもりです。

今も前向きです。
でも、崩れたらイッキに崩れそう…
それを支える土台が欠かせないと思う。
2010-12-06 [ Mon ]
土曜日は仙台スタジアムでベガルタ戦を観ました。
試合開始1時間半前にはスタジアム入りをして、練習眺めたりしていました。
終了後もセレモニーやらなんやらで18時半頃まで滞在…
試合は結果オーライ、セレモニーもよかったが

寒かった…


その後はダッシュでスタジアムを出て八乙女駅から仙台駅へ
仙台駅からもダッシュです…
出勤予定時間2分前に職場に到着でございました。

いっつもギリギリの僕です。


仕事はイレギュラーなものも発生し
当初の予定の作業は予定時間よりも早く終ったのですが
なんだかんだで22時過ぎまで職場に居ました。

晩飯にラーメンを食らい、23時過ぎに車で帰宅の途へ…


日曜日は金曜の夜の飲み会からの疲れを癒すべく寝まくる。

午後からは、昨日に続き泉中央へ!
のびすく泉中央にて、『秋風センチメンタル』ホールワンマンライブに行ってきました。

今回は、ローソンのロッピーで買えるという事で
初めて前売り券を買ってみました(ファンと同じ目線でございます)。

ロッピーといえば、各種スポーツや有名歌手のライブチケットを買っているから
それと同じような方法で、友人のライブチケットを買っている事実に、不思議な感覚です。

約2時間ちょっとのライブはあっという間でした。
ひとえにヨカッタという感想ですね。ライブの内容も会場の一体感もよかったなぁ。
いつの間にかイチファンになっていました。

師走のこの時期に見れてよかったです。
残り僅かな2010年もなんとか頑張っていけるエネルギーを貰えました。
2010-12-05 [ Sun ]


12月4日(土)

2010年J1最終節。
負ければ降格の可能性もある大事な試合。

当初はチケット完売で取れませんでしたが
譲って頂ける方に巡りあえて、参戦できました!

残留の掛かった試合でもあり
仙台の至宝の千葉直樹選手とバーモンドこと平瀬智行選手の引退の日でした


101204仙台vs川崎01
千葉直樹選手が途中出場!
これが最後の勇姿だ…♪レッツゴーナヲキ


101204仙台vs川崎02
試合終了間際、渡辺広大選手の値千金の同点弾
試合は引分でなんとか自力で掴んだ残留!


101204仙台vs川崎03
試合終了、森が誰かとユニを交換!


その後、セレモニーへ…


101204仙台vs川崎04
今季ラストゴールを決めた広大選手会長の挨拶。
山形より上の順位を狙うそうです。


101204仙台vs川崎05
平瀬選手の紹介


101204仙台vs川崎06
家族からの花束と、元仙台戦士高桑からの贈り物の風船贈呈。


101204仙台vs川崎07
直樹選手の紹介


101204仙台vs川崎08
花束の贈呈は、歴代の仙台の社長さんからや
ブランメル時代の元総監督の壱岐さんと、元監督の鈴木ヒゲ。
元仙台戦士高桑からの贈り物の風船贈呈。


101204仙台vs川崎09
平瀬の挨拶、背番号14番は赤嶺真吾選手へ!
完全移籍決定的でいいのかな?!


101204仙台vs川崎10
直樹選手の挨拶!
自前?のVTRを流し、15年の現役生活を振り返っていました。


101204仙台vs川崎11
二人の胴上げを見て、職場へ…
ピッチサイド一周するとこまで見れなかった。


平瀬選手は、神戸時代にはもうダメだと思ってた選手でした。
仙台移籍が決まったときも、なぜ獲った?と思ったほどでした。
ただ、08年の復活、09年の要所での活躍を見て存在意義があったと思います。
昨年の天皇杯準々決勝の川崎戦の決勝弾は最高です。

直樹選手は言うまでもないですね。
なんだかんだで若い選手で彼を蹴落とせるまでの選手は現れなかったかな。
危なっかしいプレーも多かったけれど、15年仙台一筋って選手は、もう出てこないかもです。
スピーチの最後の涙にはうるっとキタぜ。

二人ともお疲れさまでした。
2010-12-04 [ Sat ]
昨夜は、草野球チームの忘年会を行いました。

思えば、僕と先輩で動き出して、当初は緩やかに発展していくと想像していましたが
僅か5ヶ月ですが、試合が可能な人数が揃い、オマケに一試合だけでしたが、対外試合が出来たり
おおよそのチームのスタイルも定まった感じがあります。

昨年の今頃までは
僕個人的に個別に付き合いのあった人らが、気がつけばその人らの仲間を連れて
ひとつの大きなを作り上げれたことは、何気に凄いことだと思います。
その輪をさらに深め目的であった昨夜の会は、思いのほか盛り上がった。

メンバーの野球におけるTP(ターニングポイント)を話したけれど
このチームのTPはまさに昨夜だったと思いますね。
(チーム名も決まったし)

来季の話は、来季開幕前の打ち合わせで行うこととしましたが
でも、おおよその来季のかたちは見えたと思います。
昨夜が大成功だっただけに、冷めないうちに早く活動したいものです。

来季の開幕前ミーティングの幹事をクジ引きで決めました。
ジツは、クジの中に罰ゲームも別に盛り込んだのですが
僕自身が罰ゲームを引き当てました…酔っているとはいえ、ちょっと恥ずかしかったです。
2010-12-01 [ Wed ]
いよいよ2010年も最後の月を迎えました。
ホントに月並みなコメントですが、一年が早いです…

毎年、特に社会に出てから
師走を迎えるたびに、忘年会、その先の年末年始休み
そういう中で友人や仲間に会えることで、家族と過ごすことで
今年の無事に暮らせてよかったなと思うわけです。

学生時代は常に身近に居た友人らの大半は
いまは地元を離れているため、会う機会は減りました。
そういう境遇になったからこそ、社会に出てからいろんな仲間にも出会えた。
今は、身近にいるそんな仲間も大切なわけです。

僕は基本は人見知りです。
だから、知合うキッカケ作りは案外容易くできますが(共通の話題などで)
知合ってから仲良くなるまでの時間はまちまちである。
なので、まだまだ発展しうる関係ばかりですね。

今年は久しぶりに、幾つかの新たな輪や繋がりが生まれた一年でした。
それが来年も再来年も、できることなら末永く続けばと思います。

 | HOME | 

2010-12

プロフィール

参百拾番

Author:参百拾番
2012年はよいことがある予感です♪

fantasis_tak80@yahoo.co.jp

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。